飲み方を見る
無料サンプル・資料請求をする
お客様の声を見る

味もあっさり飲みやすく、3年以上も愛飲しています。30代のころから、診断のたびにチェックがありましたが、69歳から何もでなくなり、先日は先生より「健康法は何か?」とたずねられました。もちろん白樺のお茶と答えました。先日も「年齢40代」と結果が出ました!つめたく冷やして食事の度に飲んでいます。毎日2リットル以上は飲んでいます。

鹿児島県 H.A.さま 70代女性 2010/07/27

こだわりと強み

●国産(北海道産)カバノアナタケの優しさ

 ホリスタイルが提供する「白樺のめぐみ」は、天然の国産(北海道産)カバノアナタケ(チャーガ)を100%使用していることに自信を持っています。


放射線で汚染された原料が混入している可能性が否定しきれず安全性が問われるロシア産は一切使用せず、北海道道東地区で採取されたものだけを使用しています。

 

カバノアナタケ(チャーガ)がクローズアップされてくるにつれ、様々な質の商品が、少し安い値段で出回り始めたりしています。
しかし、日々の体のことですから、ホリスタイルでは、「天然」「国産」「良質」に徹底してこだわっていきたいと考えています。

●厳格な選別

 カバノアナタケ(チャーガ)は、一度に多く採取できるキノコではありません。だから、取れたキノコは全て利用したいと思うのは当然です。


しかし、我々の取り扱う北海道産カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」は、採取したキノコの中の菌核と菌核に近い部分だけを選別して使用しています。


当社が皆様にカバノアナタケ(チャーガ)茶「白樺のめぐみ」をご提供するまでには、北海道における専門の採取チームからはじまり、様々な工程を経ています。 良質のものをそのままお届けするため、安全な工程管理を徹底しています。

●採取・選別

 北海道道東地方(十勝地区)で、長年の経験豊かな専門の採取チームが、ひとつずつ丁寧に採取していきます。


採取されたカバノアナタケ(チャーガ)は洗浄された後、国内の専用工場へと運ばれます。


工場ではまず、北海道から届いてすぐのカバノアナタケ(チャーガ)を乾燥させます。乾燥後、専門スタッフによって選別が行われます。


●国内工場

工場ではまず、北海道から届いてすぐのカバノアナタケ(チャーガ)を乾燥させます。乾燥後、専門スタッフによって選別が行われます。


カバノアナタケ(チャーガ)全体を使用したいところではありますが、ホリスタイルが取り扱うカバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」には菌核と菌核に近い部分しか使用しません。

 

そのため、使用できる量は少なくなりますが、菌核と菌核に近い部分のみを使用したいという当社のこだわりです。

 

●味も品質も徹底的にこだわりたい

北海道産(国産)カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」 焙煎中国内産の高品質カバノアナタケ(チャーガ)を贅沢に使うわけですから、国内の工場も「良い健康茶」にこだわっている場所を選びました。HACCP(品質管理システム)に対応した最新設備が導入されている、それも「健康茶」に特化した工場に製造を依頼しています。

 

安全衛生面や、作業性に優れた環境が、「美味しくて、そして毎日の健康に役立つお茶」の実現を可能にしています。

乾燥・粉砕されたカバノアナタケ(チャーガ)は遠赤外線で焙煎されます。セラミックスを加熱して遠赤外線で焙煎することにより、香りと旨みが引き立ち、さらに良い味のお茶ができあがります。

 


北海道産(国産)カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」 箱詰めその後、焙煎されたカバノアナタケ(チャーガ)は、香りと旨みを逃がさないように健康茶の包装ラインによって素早くティーパックの中に詰められます。ティーパックは1つずつ重さをチェックし、専門のスタッフによって箱詰めされます。

 

全てを自動化するのではなく、健康茶製造のプロフェッショナルの目を通すことで、間違いのほとんどない、手作り感のあるカバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」が完成します。そして、このお茶が、あなたの食卓へと運ばれます。

カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」は、独自に食品分析センターにて検査を行っており、安全が確認されています。(放射線物質も、検出されておりません)

 

以下の数値は、静岡大学名誉教授 農学博士 水野 卓 chemical Times 1997 より

●カバノアナタケ(チャーガ)の化学成分(乾物%)

たんぱく質 2.4 脂質 1.37 灰分 11.27
繊維 19.38 食物繊維 58.25 糖質 65.56
エルゴステロール 35.3mg        

その他、カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」は、様々なシーンでお楽しみいただけます。

●お料理に

ご飯 水代わりに、「白樺のめぐみ」で炊飯 お酒 お湯、水代わりに、「白樺のめぐみ」割りで
炒め物、煮物 出枯らしの身を具材として パン 出枯らしの身を生地に練り込んで焼いて

●ガーデニングに

ガーデニングに 植木の土に出枯らしを混ぜて

その他の利用方法がございましたらメールにてお知らせ下さい。

近のブームで、良質のカバノアナタケ(チャーガ)の供給が不足気味になっています。そうした中、なぜ「激安」をうたう商品が出回っているのでしょう。


それは、海外から安価な原料が大量に輸入されているからに他なりません。

 

もともとカバノアナタケ(チャーガ)は「森のダイヤモンド」と呼ばれるほど、希少性の高いものです。

国内の供給だけでは追いつかないため、近年、外国からも安い原料が大量に輸入されるようになりました。

外国産だから品質が悪い、と言うつもりはありませんが、価格高騰につけこんだ「密輸」まで横行しているのが現状です。

 

総合的に見て、外国産は価格面でのメリットは大きいのですが、採取から輸送・粉砕・保管までの管理体制などの面でまだ不安が残っているのも否定できません。

 

国産証明書カバノアナタケ(チャーガ)に関しては、残念ながら、単に「安ければ良い」というものではないのです。

 

カバノアナタケ茶の原料となる「カバノアナタケ(チャーガ)」とは、ロシア、中国北部、北海道の一部など北国のカバノキ科の木(白樺など)にのみ育ち、 50センチメートルの直径になるまでに10年〜15年かかると言われています。

その上、着菌する白樺の木は数万本に1本という確率で、これが「森のダイヤモンド」と呼ばれるゆえんです。

北海道産(国産)カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」 白樺の写真最近は、色々なところで「カバノアナタケ茶(チャーガ茶)」を目にする機会が増えてきました。

街のスーパーマーケットや、某カラオケボックスのドリンクメニューにまで登場するなど、私たちの周りでも、すっかり身近なものになってきています。

 

ところが、一般に売られているカバノアナタケ茶を飲んだ方の中から、「おいしくなかった」というお声を聞くことがあります。

「ちょっとカビくさい・・・」「どことなく、いがらっぽい」など、どうしても味になじめなかったというものです。

 

そうした経験が原因となり、残念なことに「カバノアナタケ茶はまずいもの」という印象をお持ちになった方がいらっしゃいます。

 

しかし、決して「全てのカバノアナタケ茶がまずい」わけではありません。カバノアナタケ茶の中にも「美味しくない」お茶と、「美味しい」お茶があるのです。

 

もし、あなたが今までお飲みになったカバノアナタケ茶がカビくさかったとしたら、それは品質に問題があった可能性があります。

例えば、それらは極端に安い品ではなかったでしょうか。

 

ホリスタイルの「白樺のめぐみ」は、これらの中でも良質といわれる国産カバノアナタケにこだわり、さらに原材料を厳選しました。

 

さらに採取から輸送・保管までの管理を一貫し、「かび臭さ」や「エグみ」などが生じないよう細心の注意を払っています。

特に、カビに関しては洗浄と乾燥の工程が重要になってきます。

 

長く飲み続けていただくためにも、味は重要なポイントです。
いままで「カバノアナタケ茶はまずいもの」と思っていらした方、ぜひ一度「白樺のめぐみ」の「味」をお試しください。

 

なぜホリスタイルは国産のカバノアナタケ(チャーガ)にこだわるのでしょうか。
もし価格を重要視するのであれば、原価の安い外国産を使うか、半分混ぜた方が良いのかもしれません。

 

しかし、ホリスタイルでは「安全性」を考え、今のところ外国産原料の使用には踏み切っていないのが現状です。

 

国産証明書例えばロシア産カバノアナタケ(チャーガ)については、チェルノブイリの「放射能」に汚染された原料が混入しているのではないかという不安をお持ちの方がいらっしゃいます。もちろん、現在ではハバロフスク以東のカバノアナタケ(チャーガ)が主流であり、輸入に際しても厳格な検査体制が敷かれています。今後新しく輸入されるものについては、放射能や二酸化硫黄が検出される心配はほぼないといってもよいでしょう。

 

しかし、上記であげた「密輸」の件や、以前輸入された在庫流通の不安は、完全に払拭できたとはいえないのが現状です。

 

ホリスタイルでは、「安全性」を重視するために、採取地域が明確な国産の原料を使用し、輸送・製造までの管理を徹底しています。

北海道産(国産)カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」 白樺の写真カバノアナタケに限らず、私たちの口に入るものは全て「鮮度」が重要です。

 

採取後、空気中の酸素と長時間触れることにより、有用成分が「酸化」し、劣化が進んでしまいます。

 

現在流通しているカバノアナタケ(チャーガ)の多くは外国産ですが、これらの原料は鉄道や船で時間をかけて運ばれてきます。それに加え、港や倉庫での滞留時間や、温度・湿度の差などによって、有用成分が大きく損なわれてしまう可能性があります。

 

ホリスタイルでは、北海道産のカバノアナタケ(チャーガ)から、専用の工場で「白樺のめぐみ」を厳格な管理体制のもとで製造しています。しかも、大切なお茶の「酸化」を防ぐため、専用のアルミ装着パックにひとつひとつ丁寧に個別包装しました。

 

長期間品質が保たれ、携帯用にも便利ですし、お一人様や少人数のご家族でも扱いやすい形になっています。

カートに入れる
カートに入れる
飲み方を見る
無料サンプル・資料請求をする
お客様の声を見る