カバ茶ってなに?調子がいいときこそ飲むべき健康茶はコレ!

日本カバノアナタケ研究所 主任研究員の安達です。

健康には「カバ茶がおすすめ」と聞いて調べていらっしゃる方がいるようです。
今回はカバ茶とは何かについてご説明します。

カバ茶とは

カバ茶とは、カバノアナタケのお茶のことで、略称として「カバ茶」と親しまれております。
カバ茶こと、カバノアナタケ茶は健康茶として多くの方に愛飲されており、
「森のダイヤモンド」と呼ばれるほど希少なキノコから製造されたお茶になっております。

カバ茶を飲み続ける理由

基本的に健康を目的に愛飲されているものになりますので、継続的に飲み続けることが重要です。

2、3日で実感を期待するようなものではなく、3ヶ月から半年程度かけて実感されていく方が多く、評判の高い健康茶となっております。

また、驚くような実感をされる方々もいらっしゃるため、口コミで広がっていることも飲まれ続ける理由です。

しかし、よくあるのが、
「しばらく飲み続けて調子がいい感じになった、でも油断して飲むのをやめたら、調子がイマイチになった」、というお声です。
 

それもそのはず。健康とは良いことを継続することですからね。

調子がいいときこそ飲む

誤解されがちですが、何かあってからではなく、何かある前に健康のために行動しておくことが基本です。
失う前に行動する、ということですね。

先ほどお伝えしたように、調子がいいから飲まない、ではなく、調子がいいときから飲むことが肝心です。
もちろん、すでに調子がイマイチという場合は、すぐに飲み始めた方が良いでしょう。

せっかくカバ茶を飲むなら

せっかく飲むのであれば、有用性にこだわったものが飲みたいですよね。
そこで、有用性にこだわり抜いたカバノアナタケ茶が、当店でも扱っている「白樺のめぐみ」になります。

カバノアナタケには、菌核という部分とその周辺の箇所に有用成分が多く含まれているのですが、
そんな重要な箇所を使用することにこだわっているカバノアナタケ茶の存在は耳にしておりません。


というのも、使用部位が重要であることを知らない販売店や消費者の方も多いのです。


そのほか、美味しく飲めるような加工や、新鮮さが持続するよう個別包装するなど、
他にないこだわりを併せ持ったカバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」についての詳細やご購入は
以下のページにてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました