チャーガのサプリっていいの?チャーガ茶とはどう違う?

チャーガ(和名:カバノアナタケ)が日本に流通するようになってから、現在では様々な種類の商品を目にするようになりました。

お茶として摂取することが人気の高いチャーガ(カバノアナタケ)ですが、
サプリも存在します。

今回はサプリタイプとお茶のタイプとの違いについて解説しますね。

チャーガのサプリタイプについて

イメージです

チャーガサプリタイプの特徴ですが、まず形状として

・カプセルタイプ
・粒タイプ

が存在します。

カプセルタイプについては、「喉につかえたらどうしよう」といった心配を
される方も少なく在りません。

その点は粒タイプの方がやや小さいので飲みやすいですね。

カプセルタイプのメリットは、味がしない点です。
粒の場合は、味があるので、それが苦手という方はカプセルタイプの方が
よろしいかと思います。

チャーガのサプリとお茶との違いは

カバノアナタケ茶

では、お茶との違いはどんな点があるのでしょうか。

お茶の場合は、

・固形物ではないので、固形物が喉につっかえることはない
・飲み方によってはサプリメントより手間がかかる

といった点が異なります。

どちらがおすすめかといわれれば、
個別包装しているティーバッグタイプのチャーガ茶(カバノアナタケ茶)と
比較するならお茶の方がオススメです。

個別包装しているティーバッグタイプがおすすめな理由

カバノアナタケ茶 個別包装
個別包装されているタイプ

なぜ、ティーバッグタイプのチャーガ茶(カバノアナタケ茶)がおすすめかというと
サプリのタイプですと、基本的に個別包装されていないため、
日に日に酸化・劣化がどんどん進んでしまうからです。

良い成分を良いままで体に取り込むことを考えると
やはり、酸化・劣化はできるだけ避けたいところ。

そういった観点から、サプリではなく、
ティーバッグタイプのチャーガ茶(カバノアナタケ茶)がおすすめなのです。

個別包装しているティーバッグタイプのチャーガ茶はどこで買える?

白樺のめぐみ

では、それはどこで買えるの?という声が聞こえてきそうですが、
ティーバッグタイプは多く流通しているものの、
個別包装までされているティーバッグタイプのチャーガ茶(カバノアナタケ茶)は
ほとんど流通していないのが現状です。

そういったところもあって、
「ないならつくろう」ということで誕生したのが
私どもの販売しているチャーガ茶(カバノアナタケ茶)になります。


個別包装までされているティーバッグタイプのチャーガ茶(カバノアナタケ茶)を
ご希望の場合は、詳しくは下記をご覧ください。
個別包装だけでなく、他にはないとても重要な点をおさえたプレミアムな健康茶になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました